前へ
次へ

営業求人の面接でアピールしたいこと(転職時)

今の時代、採用試験の際に筆記はそれほど重要視されず、面接に重点を置く会社が多いです。
そのため、転職の際の面接対策に力を入れるべき。
営業求人の面接の際、新卒のみならず転職時でも、特段資格を求めていない場合が多いです。
ただし、仕事に関係する資格を持っているならアピールしましょう。
例えば、弁護士法人の面接なら、法学検定や行政書士、学士などの資格があればアピールしたいところです。
採用する側としては、業界ならではの専門用語を知っているので、教育コストが少なくなるので採用したいという考えが芽生えます。
資格ないならば、入職したあとに自分は、仕事に関する知識を早期に習得するという熱意をアピールするのがおすすめです。
やる気というのは方向性で、これがないと職場でコミュニケーションが取れずお荷物になります。
それを、面接官は知っています。
他には、安心して仕事を任せられるという責任感があること、印象が仕事で大きな影響を与えるので清潔感があるということを、営業求人の面接の際にアピールしましょう。

Page Top